言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

清原と桑田、引退。お疲れ様。

PL学園時代のKKコンビの時は自分の年齢が幼く、残念ながらあまり記憶に無いのですが。小学生の頃は森監督時代の西武の大ファンで、清原・秋山・石毛・伊藤といった選手達が大好きでした。一方桑田も嫌いな巨人軍の中で唯一の好きな選手で、桑田が投げる時に打たない巨人軍に憤りを覚えたものです。といってもこれは大きく兄の影響を受けているのですが。
そんな子供の頃のヒーローが引退です。今まで長い間お疲れ様でした。まぁ自分は西武及び清原のファンだったのは森監督時代だけなので、昨今の清原の言動はある種の物悲しさを覚えるくらいなのですが。でもあれだけデッドボールを受け続けてもフルスイングし続けたってのは凄いよなぁと単純に思う。それが彼の美学だったんでしょうね。
桑田はいつでも何処でも「桑田」ですね。選手生命が短めの投手というポジションに居て、最後はメジャーリーグへの挑戦で幕を閉じようっていう発想がすごい。監督とかコーチにならずに野球解説者になってくれないかなあと個人的には思ったりします。


今でもはっきりと覚えてるのは、清原と桑田が日本シリーズで敵同士として再会した時。桑田の直球勝負に清原がホームランで応えたシーン。あの時は二人とも妙にスガスガしくて、そこが何故か少し悲しくて。
野球は別にそんなに好きではない自分を熱くさせてくれた二人に、感謝と、お疲れ様という言葉を贈りたい。