言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

おおきく振りかぶって 30 感想

漫画でも映画でもゲームでも、感想書くのって大変だな・・・。一定のエネルギーが必要。好きな漫画の紹介みたいなものだから、尚更なんだろうな。

そんな訳で今日はおおきく振りかぶっての感想です。これはなにきっかけで購入しだしたのかな。忘れた・・・。ジャケ買いアフタヌーンで?うーむ・・・。まあそんな事はどうでも良いのです。

主人公の三橋クンは抜群のコントロールとそれなりの球種と浮き上がるストレートを持つスーパーピッチャーです。と、1巻読んだ時点では思っていた。清々しい程のヘタレっぷりも徐々に成長していって行く行くは甲子園でバッタバッタと並み居る強豪校を三振に切って取る・・・なんて風に思っていました。ところがこの漫画はそんなありがちな青春スポーツ根性漫画ではなかった。なんちゅーか結構才能だったり駆け引きだったり読み合いだったりっていう普通の野球漫画では描かれないような部分がエグい・・・とまでは言わないけど、スポーツって爽やかなだけじゃないよっていうのを感じさせる漫画です。

おおきく振りかぶって(30) (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって(30) (アフタヌーンKC)

 

以下ネタバレ注意

肝心の最新刊の内容はボッコボコにされてた主人公チームの逆襲が始まるといったところである意味この漫画では意外な展開。てっきりこのまま敗北で終わるのかと思ったぜ(毒されすぎ?)。そういう意味ではまだまだ楽しみですな。三橋クンもまだ気持ちが切れていないのが良いね。そこらへんは成長していると感じられて定期購読している方としては嬉しい思いです。