読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

三国志7 vol.066「跡継ぎと聖獣と防衛と」

Game

気づいたら呂布様の命令に背きまくっていたので呂布様との親密度が0になってしまいました。このままでは機嫌しだいで首を斬られる可能性があるので、訪問して信頼を上げたいと思います。聖獣探しの意味合いもありますが(聖痕を取ると訪問時の虎刈りで聖獣ゲットのチャンスなのです)。
ということで訪問開始。


ええっ。あの呂布様に悩みなどあるのでしょうか。どきどき。



な、なんと呂布様が跡継ぎなどを考えてらっしゃるとは・・・。

そんな弱気なことでどうしますか!!ということで回答は「3人とも違う」を選択しました。呂布様の後を継げるものなど居るはずがありません。

そんなろごすけの回答に悩む呂布様。なんかちょっと可愛いですね。


さてそうして呂布様と親交を交わしている中、遂に虎狩りイベントも発生しました。





というわけで麒麟さんゲットだぜー。一回召喚したらそれで消えるらしいですが、味方の兵士数を最大限まで補給するというトンデモ性能でございます。負傷兵を回復とか死亡兵とかでなく純粋にMAX。サモナー

そうこうしているうちに友軍がどんどん攻め立てています。



見事に勝利。孫策軍の跡継ぎと予想される孫権さんすら捕虜にしているとはやりますねえ。

南の方もいけいけどんどんで攻め立てます。


またも捕まる孫策さん。小覇王にしてはちょっと情けない。


なかなか処刑しない呂布様です。心が広いですね。

さてそんな風に段々と孫策さん包囲網ができあがる中、何故か再び攻め込まれる長安。ろごすけさんが居るというのに敵は何を学習しているのでしょう。



いや貴方は曹操さんに次ぐ名声だからもう誰でも知ってると思いますが・・・まさか知らないから攻めこまれてる!?

今回も中央でボコボコにする作戦です(作戦と言えるのか?)

はい、御覧の通りの駆逐っぷりです。


ということで軽く潰してあげました。

むお、凌操さんが処刑されるとは。まあ味方にならないのなら仕方なしか。南無。

するとお隣の天水からカウンター出撃が。


おおー見事に勝利していますね。頼もしい。

こうして着実に我が軍による孫策さん包囲網が構築されていっております。恐らく敵の軍勢も疲弊しきっていることでしょう。ここまでくると地力の差が出て我が軍が物量的に圧倒するか?怖いのは呂布様の単独行動ですが・・・はてさて。


つづく。