言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

経験の浅い子達を調教する日々

単純に新卒4人がメインで仕事するPJのまとめ役として働いているだけですが。元々教えるのは好きな人間なので楽しくやっております。新卒達に仕事を回しつつ自分が最小限の稼動で最大限の成果を出す事に快感を覚える。というか製造して楽しんでいる。やっぱコーディングって面白!
で、新卒4人の面倒見るってのも結構イッパイイッパイだったんですが、来週からは更に3人程面倒を見る新卒が増えるらしい。今教えてる4人はそれなりに経験がある人達で、単純に技術知識でいえば自分とどっこいどっこいだったりするような子も居るくらいだったんだけど、その3人はゼロ。ZEROですよ。零ですよーっ。
ちなみにやる仕事はサーバ構築。サーバにFedoraCore入れてApacheTomcat・AXIS・PostgreSQL・pgpoolをインストールするんだって。しかも2週間で3〜5台。これを知識ゼロの新卒にやらせるってんだから笑いが止まらない。しかも組み合わせが裏番町(♀)、サブリーダー(♂)、知的優等生(♀)だっていうから目が離せない。できれば成り行きを傍観して楽しみたい所だがそうもいかない。だって自分がPJ責任者なんですもの。今月は社会保険料の年間掛け金決定対象月だからあんまり残業したくないんだけれども。そうも言ってられない様子。
しかし自分で言うのも何だけれども、リーダーっていうかPJまとめ役に向いてるんだろうなあとかって実感してしまう。か、勘違いしないでよね!私はコーディングが好きなだけなんだからっ!!


でも最近前述した通り、PJを円滑に回しながらサポート的にサクッと機能を実装するのが楽しくてしょうがなかったりする。とはいえこの前新人に「気がついたらやるべきコトが半分になってた」と言われてやりすぎたかなとちょっと反省。
そーだ、また今度の機会にtaglibの面白い使い方について記述する事にしよう。