言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

三国志7 vol.042 「防衛と侵略と」

さてそれでは許靖軍に攻め込む下地ができたぞーと思っていたところ、いきなり太守の孔明さんに呼ばれました。


おお、ついに曹操軍も動いて来ましたね。しかしろごすけが隣国に居る以上、簡単にはやらせはしませんよ。

勿論援軍として駆けつけます。陸遜さん待っててねー!

ということで無事に援軍が間に合い、勝利しましたとさ。

あう、周倉さんはあっさり処刑されてしまいましたか。こちらの陣営には関羽さんが居たのに出会う前に命を落とすとは。残念です。
こうして無事に曹操からの侵略を防いで安心していたら、さらに知らせが。

曹操さん、まさかの多面展開です。

こちらか援軍は出ましたが、ろごすけが参加できる位置にはないのがつらいところ・・・!

どきどき。

うおー、なんとか凌いだようですね。

いやあ守りきれて何よりなのですが、曹操さんも本格的に仕掛けてくるようになってドキドキです。早く対曹操戦線を確立したいところですね。ということで

許靖軍に攻め込みます!

前回の策謀により、援軍として孫策軍に出陣してもらいます。ぐっふっふ。

お互いの兵数が12万を越え、なかなかの大規模戦となりました。兵力は五分ですが勝敗は如何に!
あ、そういえば何気にこの戦、孔明さんvs周瑜さんですね。因縁の戦いとも言えますが、残念ながら孔明さんには私ろごすけがおりますゆえ・・・。ぐっふっふ。

ということで勝利しましたとさ。


周瑜さんは無事解放されたようです。優秀な人材は何故素直に登用されてくれないのか。うーむ。

こうして許靖軍は滅亡しました。これにより呂布軍と隣接する国は曹操軍と孫策軍になりました。

あ、袁術さんがいた。けどここから手を伸ばすのは位置的にちょっと微妙です。なので・・・そろそろ曹操さんと全面戦争開始ですね!!
こちらの防衛地点を少なくしつつ領土を拡大するのがポイントとなりそうです。楽しみ!


つづく