言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

DSを送ったのは神対応?

オーストラリアでDSが欲しいですと任天堂に手紙を書いた少女が、任天堂からDSが送られてきた!神対応!ということでちょっと話題になっているらしい。
任天堂のユーザに対するサポートについては今までも評価が高かったし、子供が事故って壊れたゲームボーイを新品のと交換しそれに加え貼ってあったシールの位置まで再現した対応というのは確かに神対応だと思う。真偽は別として。
しかし今回のは果たして神対応なんだろうか。子供が「DS欲しいです」と言ってプレゼントするのは確かに気前の良い話だけど、全ての子供からの要望に等しくそんな対応できないだろうに。
後、自分がこの子の親だと考えると、ちと迷惑かもしれん。子供が欲しがっている物を親が買わないのには理由があるからだ。「超買ってあげたいけど明日食べる金にも困っている」とかなら別だけど。その子は既にWii持ってるとかいう話しだし、Wii買ってあげたんだからそれがすりきれるまで遊べ。と子供には言いそう。自分が子供の時は沢山おねだりしたけど!…今自分で書いてて何偉そうな事言ってるんだろう。こんな事書ける権利は俺にない…とか思った。


まぁともかく、企業がユーザにフレンドリーなのは、その逆よりも数倍望ましい事だよね!という事でした。え、全然上の内容と違うって?ごめんなさい、■eの下方修正を思い出したらついそんな事を書きたくなって…。