言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

過去の遺産

最近過去PJでの保守対応問い合わせが多く、今の職場(品川付近)から本社(横浜付近)へ仕事が終わり次第移動。品川⇒横浜は椅子に座れないのでとってもしんどいです…。
もう5年以上も前のPJなのに、いまだに保守問い合わせが続くって!と毎回こぼしながらも対応しております。まさに過去の負の遺産。この子がいつまでも自分を苦しめるのです。
この経験を通じて得た事は、やはりドキュメント化は大事。聞かれた事に「○○ドキュメントの××項目を参照して下さい」とか言えるからね!
後は議事録。何で今の仕様がこうなっているのかの経緯が知りたい時が後に多々出てくる。一般的なやり取りは良いんだけど、仕様決定が為されたりしたタイミングでは全て記録に残すべきだと思った。自分を守る為にも。
そういう意味だと、過去の遺産をマイナスではなくプラスにするには、やはりドキュメント化なり情報共有なりする必要があるんだと思う。すごいマイナーだと思っていた技術を他PJが使っていて、それに凄い苦労していた時とかは「自分に聞いてくれれば良いのになぁ」なんて思ったりする。勿論自分から困った事はあるか聞くけど。どうもうちの会社はそこらへんの知識共有化がされてなくて勿体無いなぁなんて思う。
知識共有化が容易にできる、何か良いツールは無いかね?wikiとか掲示板とかなんだろうか。自発的に技術者がお互いの知識をシェアする場を作りたいなぁ、と常々思っている。そうすれば過去の遺産も浮かばれるってもんだ。負の遺産をプラスにすべく、きちんと取り組んでいかないと。