言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

結婚式。

高校時代からの付き合いのBritsくんの結婚式にお呼ばれしたので相方と一緒に行ってまいりました。娘さんも連れて行きたかったけど、大事な式を台無しにしてもアレなので我が家でトメさんとお留守番です。トメさんはこの為に遠い所から来ていただきました・・・申し訳ないす。
Britsくんの友人関係はあまり相方さんとは面識ないかと思い居辛くないかなと若干不安だったけど、大学関係のお友達は自分らの先輩だったりしたのでそれほど孤立する事も無く。久々にあった方々とお話できて良かった良かった。しかし皆あんまり変わってないなー。若いなーw何か一人モヒカンな巨人が居たけど気のせいだろう。高校時代の友人な気もするけど知らないです。見なかった事にします。
さてそんで肝心な式ですが、何だかお二人の人柄が出た暖かい柔らかい感じで進行。新郎新婦が友人やご家族に暖かく祝福されている姿を見て、「ああ、この人達は本当に愛されてるんだなー」ってのが解って何だか自分まで嬉しくなりましたよ。
式のラストでは新郎自らドラムを叩いて曲を3曲披露。うーんBritsくんらしい。一方、BAND仲間として一緒にセッションしているVo&KeyやBaにちょっとだけ胸がチクチクしている自分。ああやってBritsくんに直接祝福の思いを伝えられている彼らにちょっとだけ嫉妬してるんだろうなあ。自分もあの場に立ちたかったな、なんてその為の努力を何もしていない自分だけれど、ちょっとだけ思ってしまったのですよ。
いやあ、彼には大きな借りがありまして。自分が浪人時代、どの大学行くかなあと道に迷っていた時、「うちの大学良いよー」と導いてくれたのが彼なんです(本人はきっとそんな事思いもしないだろうけど)。あの大学に行かなければ今の職にもきっと就いていないし、今の仲間とも出会ってないし、何しろ今の相方に巡りあえませんでしたからねっ。そう考えると自分の人生の中でのキーパーソンなんだなあ。あまり言いませんが感謝してます。何か書いてて恥ずかしくなってきたぞw
まぁ、そんな訳でこの借りなかなか返せないなーとか思いつつ。そんな彼に最高のパートナーができた事を心から祝福致します。おめでとう!