言葉のさんぽ道

~気ままにご飯写真とゲームの話題が更新されるはず~

最近見積もりばかり

最近昔やったPJの改修案件が多くて見積もりばかり作っておりまさぁ。大きい案件だったら言いんだけど、どれも工数的には小さいのよね・・・。まぁお客様には「成果物の質が良かったのであまり改修点が無いんですけどね」とは言われたけどな!ナハハハ!・・・というか前回はそれが理由で他の会社がやったボロボロシステムの対策にお金が使われて改修案件が流れてしまったんだけど。悲しい。
ところで見積もりって結構難しい。どんぶり勘定だと仕事取れないし、あまりキツ過ぎると自分に返ってくるからだ。かといってあまり仕様が確定できていない時点で見積もりに時間かけるのも稼動時間の無駄ってことにもなる。大変だ。
最近自分がやってる見積もり方法は機能一項目に対して難度・量のカテゴリを用意し、それを掛け合わせて設計・製造・試験の各工数を導くというやりかた。「難度:高、量:少→設計期間普通、製造期間長め、試験期間短め」「難度:易、量:多→設計期間短め、製造期間普通、試験期間長め」みたいな。ベースの工数算出は取り敢えずこんな感じでやってるなあ。


と、ちゃんと仕事してるんだよって所をアピールしてみた。